スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村治佳織の「ポートレイツ」を聴く

村治佳織の「ポートレイツ」を購入しました。

5年くらい前に比べると、3作ほど前から収録される曲が変わってきた村治佳織。今作も今までとは趣向が違って、新しい村治佳織の一面を感じられるラインナップになっています。

中でも注目は「戦場のメリークリスマス」「エナジーフロー」といった坂本龍一さんの代表作に加え、エリック・クラプトンの名作「ティアーズ・イン・ヘヴン」。これは新しいですねー。こういった曲が村治佳織さんの演奏で聴けるのは嬉しいです。

それに、ギターのボディを使ってパーカス的な音を出している「ジョンゴ」も新しい。あとは、イントロから入っているサンバーストがおすすめ。今まで、サンバーストは何度も収録されていますが、イントロから入っているのはなかったんじゃないかなー。気持ちゆっくり目の演奏もいいですね。

これを聴いてサンバーストのイントロを練習しようという気になりましたw


ポートレイツ(限定盤)(DVD付)

新しい記事

ピックアップ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。