スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完璧を求めると上手く行くことも上手く行かない

[teruyastarはかく語りき]というブログで紹介されていた、子育てに関するエピソードがとても良いなと思ったのでメモ。

以下、その引用です。

ジュースこぼしちゃった

友人夫婦が小さな女の子を連れてあそびにきました。
楽しくお話していましたら、
その子がコップを倒してジュースをこぼし、
お母さんの白いワンピースにバシャッとかかってしまいました。

私は一瞬、そのお母さんが
「何するのよ! こんなことして!」と叫んだり、子供を叱ったり、
子どもが泣き出したり、という嫌なシーンを想像しました。

しかし、なんと、そのお母さんは「やったわね?」といっただけ。
その子も「やっちゃった?」と言って、二人で顔を見合わせて、
プッと笑ったのです!

そして、お母さんはちっとも取り乱さずに、
私たちに「すみませんね」と謝ると、
「あなたは床を拭いてね」と子供に雑巾を渡し、
自分は服やテーブルを拭きました。
片付け終わると、
何事もなかったかのように続きを話し始めたのです。

友人夫婦が帰ったあと、私達夫婦は顔を見合わせて、
「すごいねえ・・・」
「すごいですねえ・・・」
「あれだね!」
「あれですね!」
と言いました。
このできごとは、私達夫婦の子育てに大きなヒントになりました。

この母親の考え方はすごいと思うんですね。僕がこの立場にあるとすればきっと叱るでしょう。子どもがジュースをこぼすことなんて当たり前、にもかかわらずそこにある種の完璧さを求めているからだと思います。何も子育てに限ったことではなく、仕事に置いても友人との付き合いに置いても、完璧を求めることで上手く行かないことは多いなと考えさせられました。

引用元のブログで「人はミスするのが当たり前。ミスは叱るものではなくて、ミスはチームでカバーするもの。」と書かれています。これですよねー、これ。

頭ではわかっていてもなかなか実践できない。でも、これができないと上手く行くことも上手く行かなくなってしまう。常に念頭に置いておきたい言葉です。

いいエピソードをありがとうございました。

[ジュースこぼしちゃった - teruyastarはかく語りき]

----- 2014.2.16 追記 -----

久しぶりに読み返してみると、引用元のサイトに追記があって、それがまた刺さりました。

完璧を求める人はリーダーではない

リーダーには「知りながらも気にしない」という寛容もまた必要、というお話です。寛容さを身につけるにはどうすればいいのでしょうか?

今のところ、僕は経験を積む以外にないように感じています。チームの一員としての経験。リーダーをサポートする立場としての経験。そしてリーダーとしての経験。目先のことだけでなく、総合的に見てどうか、という判断ができるようになりたいものです。

タイトルで言っているとおり、今一度「完璧を求めると上手く行くことも上手く行かない」を胸に刻みたいと思います。

新しい記事

ピックアップ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。