スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Illustratorでワープしたりうねったりして抽象的なものを描いてみる

Illustratorはあまり使ったことがないのですが、抽象的なものを描くのに便利なツールの使い方が紹介されていたので試してみました。

Warp Twirl

ワープツールやうねりツールといったものです。Illustratorを使ってデザインする人はよく使うツールなんでしょうか。

使い方は単純で、ワープしたりうねらせたいオブジェクトを選択し、ワープツールやうねりツールでなぞるだけ。

Warp Twirl Tool

しばらく遊んでいるとそれっぽいものになって行きましたw ただ、連続してうねらせすぎると処理が重くて固まりますね。。

元サイトには詳しく解説されているので、勉強になります。今度から抽象的でインパクトのあるものを作りたいときはIllustratorでうねらせてみようと思います。

[ Fun with Illustrator’s Lesser Known, Yet Powerful Tools ]

新しい記事

ピックアップ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。