スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhoneをノックしてMacをアンロックする - Knock - を試してみた

Knock to unlock

iPhoneをノックしてMacのパスワードロックを解除するアプリ「Knock」を試してみました。

2013年秋ごろに発表され、そのコンセプトが画期的で話題を呼んでいた「Knock」。

文字とおりiPhoneをノックすると、Macのパスコードロックを解除できるというもの。公式のPVを見ると動作イメージは一目瞭然です。

これを実際に試してみました。

iPhoneアプリをインストール

まずは Knock のiPhoneアプリをインストールします。

Knock to unlock

¥400 と気持ち高めの値段設定ですが、物は試しで購入。(値段は2014年2月11日時点)

Macにもアプリをインストール

次に、Mac側にも Knock のアプリをインストールします。こちらは無料!

Knock to unlock

こちらのアプリに、Macにログインするためのパスワードを登録するようです。

Bluetoothでお互いを接続

それぞれのアプリで準備が整うと、Bluetoothをオンにしてアプリを接続します。ここまでで準備完了。

Macがロック状態になるとiPhoneに通知されるので、画面をノック(2回コンコンってする)すると確かにログインされました。

Bluetoothに繋いでおかないと使えないので電池の消耗が気になりますが、そこらへんは長持ちするように工夫されているようです。

ノックするタイミングがわかりづらい?

確かに感動したし便利かも!と思いましたが、ノックするタイミングがわからず何度も失敗しました。

確実なのはiPhone側のアプリを立ち上げて、その画面上でノックすることでしょうか。

Knock to unlock

しかしこれだと普通にMacでパスワードを入力した方が早そうです。

おすすめは、ロック画面に通知させてノックする方法。通知をオンにしておくと、Macがログイン画面になると通知されます。

スリープ状態になったタイミングで通知してくれると便利な気がしますが、試した限りではログイン画面が表示されるタイミング(スリープを解除したタイミング?)だったので、ここが微妙でした。

Knock to unlock

↑上図の赤枠内をノックすると解除できます。

と、まあ気になるところは少しありますが、人にMacを見せるときにおもむろにノックで解除すると驚かれること間違いなしですね!ノックの制度は3回に1回成功するくらいです。(まだ慣れてないだけかも)

新しい記事

ピックアップ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。