スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディレクターとしてデザインを外注する際に心がけたいこと

二人のディレクター

ディレクターの立場からデザインを外注する際に、制作会社のディレクターとどう接するべきか。そこで心がけたいポイントを書きました。

普段、Webディレクターとして仕事をしています。

状況によってデザインを外注する(外部の制作会社にデザインを依頼する)ことがあるのですが、そのときに直接やり取りをする相手が制作会社のディレクターだと、ディレクター対ディレクターという構図ができあがります。

二人のディレクター

このとき、単純に考えて以下のようなことが起こります。

  • あれ、ディレクター被ってる
  • 役割分担どうするの?
  • デザイナーへの指示はそっちから出す…よね?
  • どっちが何をどこまでやる?

そして陥りやすいのがこの形。

  • 構成はこっちである程度作るので、あとはお願いします
  • クライアントがこう言ってるので、こうしておいてください
  • むしろ構成からお願いします
  • ていうか、丸投げしちゃっていいですか

特に案件が詰まってるときなど、如何にもアリガチではないでしょうか。

こうなったら何というか、こちら側はもはやディレクターとして機能してないですよね。それならいっそのこと、クライアントと制作会社の伝書鳩に徹したほうがマシです。最初からディレクションじゃなくて伝書鳩やりますって言えばいいと思います。

それでいいケースもあるかもしれないですが、達成感も何もあったもんじゃないです。じゃあどうしようかなーと思って、ぐいぐい制作会社の中に入って行こうとしたり、一緒に考えてみたりいろいろ試したんですが、どれもしっくり来ませんでした。

そもそも、デザイナーに指示を出すディレクターとして動く以上、デザイナーと話せない時点で詰んでるのかもしれません。

デザイナーとのコミュニケーションが肝心

先日、「0からのWebディレクション講座:制作・開発編」セミナーで、以下のことを学びました。

  • デザイナーのことをしっかりと把握し、デザイナーにあわせた指示書を作成することが大事
  • そうしないと、意図をちゃんと伝えられずにデザイナーも困るし失敗する
  • なので、指示書の内容(書き方)はデザイナーによって違ってきて当然

ですよね。それめちゃくちゃ大事ですよね。

そこでポイントになるのが、ディレクター対ディレクターの構図になったときに、如何にしてデザイナーの情報を得るのか。

打ち合わせに同席してもらうなど、デザイナーと直接話しができる場合はいいと思いますが、問題はそれができない場合。相手のディレクターを通してデザイナーとコミュニケーションするしかないですよね。

例えば、ワイヤーを書く前に(発注する前に)以下のようなことを聞く。

  • デザイナーさんはどういう方ですか?
  • 得意なデザインはどういうものですか?
  • 普段、どういうWebサービス使ってますか?
  • どのツールでデザインしてますか?
  • 打ち合わせに同席してもらえますか?(しつこく聞いてみる)

その上で、ワイヤーにどこまでデザインの指示を書くかを考えます。細かく書きすぎずに、ある程度お任せした方がいいのか。できるだけ具体的に書き込んで、あまり考えなくて済むようにした方がいいのか。可能な範囲で、デザイナーの特性にあわせた指示書になるように心がけます。

そのために、相手のディレクターとコミュニケーションを取ります。

そしてデザインが上がってきたときにも、ちゃんと確認します。

  • どういうことを意図してデザインされましたか?
  • 指示書でわかりづらいところはなかったですか?
  • デザイナーさん困ってなかったですか?
  • 迷ったところ、時間をかけていただいたところはどこですか?

相手のディレクターからすると鬱陶しいかもしれません。でも、それくらいの心がけで丁度いいように思うのです。

変に遠慮したり、中途半端に任せてしまってデザインがブレるよりはよっぽどいい。

そうして外注先との関係を強めていく

一度でもがっつりディレクターと向き合って、その横にいるデザイナーとコミュニケーションが取れると、次からもっと頼みやすくなるし、ブレる可能性もグッと下がるはず。

こういうことを悩んでいたのですが、先のセミナーで他のディレクターさん達と話してスッキリしました。

相手のディレクターに遠慮せず、デザイナーと話をしよう。

と、ここまで自分の立場(外注に出す側のディレクター)で考えたけど、向こうの立場だとどうなるんだろう。そこは丸投げしてくれた方がよかったりするのだろうか。次はそこを考えてみたい。

新しい記事

ピックアップ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。