スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマートウォッチよりもスマートリングに期待したい理由

スマートリング

スマートウォッチが話題ですが、僕は時計よりも指輪、つまりスマートリングに期待したいと思っています。完全に僕目線なその理由をまとめてみました。

先日のGoogle I/Oでも発表され、秋にはAppleもiWatchを発表すると噂されており、何かと話題のスマートウォッチ。本当にウェアラブルデバイスの代名詞と言えるほどに受け入れられるのでしょうか。

もちろん僕も興味はありますが、スマートウォッチよりはスマートリングが出てきて欲しいと考えているので、その理由をまとめてみました。

1. 時計の画面は小さい

スマートフォンがこれだけ普及しているので、スマートウォッチはまずスマートフォンと連動することが考えられます。その前提で行くと、メッセージの送受信や予定の確認、音楽プレイヤーの操作などの機能が盛り込まれると予想されますが、これらを時計に備えつけたディスプレイで操作するのはちょっとキツイんじゃないかと。

そもそも、そういったことをするにはスマホがあるわけで。ウェアラブルデバイスはそれ自体で何かをするのではなく、単に身につけているだけで便利!とするのが目的に合っていると考えています。

そうすると、ウェアラブルデバイスに期待したい機能は、通知機能、データの収集、スマホより便利に何かを操作する機能、あたりになります。僕の場合は。

この中でも特に期待したいのが、何かを操作する機能。デバイスを身につけ、ジェスチャーだけであらゆるものが操作できればめちゃくちゃ便利そうじゃないですか。指を差して動かせばテレビが付く、エアコンが付く、ドアが開く。そんなことがしたいです。まさに「Ring」が近いですね。(テキスト入力機能はいいとは思わない。というか不要…。)

2. 時計を見る動作は意外と面倒

ターゲットをどこに向けてくるのかは時計メーカーにも依ると思いますが、仮に僕みたいに毎日カッターシャツにスーツなビジネスマンをターゲットとして考えた場合、腕時計を見るには袖をまくらないといけないので面倒。

袖をまくって時計を見るより、ポケットからスマホを取り出す方がラクです。

その点、指輪ならそういった問題はなくなるので全然OK。

3. カッコいい時計をつけるよりカッコいい指輪をつけたい

指輪はビジネスマンとしては正直時計よりもつけづらいところがありますよね。特にオシャレ目的だったりすると。(それは時計にしても同じかもしれませんが)

そこで、オシャレ目的と言えばそうなんだけど、機能的に優れていて便利だから身につけている、となれば今よりずっと身につけやすくなると思うんです。スマホと連動していて便利だし、無いよりはあった方が仕事がしやすいし、だから仕方なくつけてるんだよ?みたいな。むしろこれを身につけてなくて、どうやって仕事するの?みたいな。

そう考えた時に、少なくとも僕は時計よりも指輪をつけたいんですね。カッコいいから

果たして2年後、スマートウォッチはどれだけ普及しているのか

まあ何だかんだ言ったところで、GoogleとAppleがスマートウォッチを出せばそれが一般的になるとは思います。スマートウォッチと住み分けする形でスマートリングが普及する可能だってあります。これから2年、3年経った時に、どういう形でこういったウェアラブルデバイスが僕達の生活に浸透しているのか。楽しみで仕方がありません。

そういえば、指輪型のウェアラブルデバイスとなると防水機能は完備しておいてもらいたいですね。案外こういうところがスマートウォッチとの差別化になるのかも。いや、ならんか。やっぱりジェスチャーだわ

新しい記事

ピックアップ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。